プロ野球を目指す練習法?ピッチングとバッティングのトレーニングと理論の考察

TOP
Sponsored Link

本当にうまくなる野球理論

多くの指導者が古い考え方や誤解により指導している

キーワード

よくこんな指導を見かけませんか?

  • ボールを上から叩け
  • 脇を締めてバットを振れ
  • 腰を回して打て

本当にその指導でうまくなるのか?

キーワード

ボールを上から叩いたら間違いなくホームベースの上でバウンドします。物理的に上から叩くのではありません。

プロ選手の構えを見てください。脇を締めている人はいません。みんな適度に脇を開けています。大事なのは脇を締めるタイミングです。

体の構造上、腰は数センチ程度しか回りません。鋭いスイングをするには、骨盤とヒザの使い方が大事です。

野球の指導で使われる言葉は具体的なようで抽象的なものが多くあります。

より具体化するとどのようになるでしょうか。

  • ボールを上から叩くイメージを持つ
  • 脇を締めるのはバットを振り始めてから
  • 後ろ足のヒザをお尻の下に押し込むようにして骨盤を投手に向ける

プロ野球選手のホームランの談話で
「うまく上から叩けた」という表現をよく聞きます。

しかし、そのスイングを見てみるとバットの軌道はほぼ水平です。

プロ野球選手は上半身の力を抜くために、
適度に捕手側の腕の脇を適度に開けています。

プロ野球選手のスイングを見ると、後ろ足のヒザが回って、骨盤が回って、上半身が回って、バットが回るように動いています。

野球を始めスポーツがうまくなるには以下のことが大切です。

  • どのように体を動かすか具体的にイメージする
  • イメージどおりに体を動かしてみる
  • 実際の動きとイメージの違いを検証する

これらを繰り返して、体の動きをイメージに近づけていきます。

これがうまくなるということです。

人よりうまくなるのが早い人は、無意識にこのことを繰り返しています。

当サイトは、野球がうまくなるために必要なことを述べていきます。
興味を持ったらなら、内容に目を通してくださいね。


Templete Produced By 『超時空戦略タイムシフトアフィリエイト』



Sponsored Link

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。